語る抽象画展 vol.8

2019年1月26日-2月3日

アートコンプレックスセンター

虐げられた者たちには、
虐げられた者たちの音楽がある。
ブルースがあり、フラメンコがあり、ジャズがある。
怒りも悲しみも音楽に変え、
暗く激しい旋律は我らの心を癒し、

鼓舞するのだ。

サラリーマンであるところの私の心労など
彼らを思えば

そよ風のようなものに違いないが、
私たちは私たちなりに必死になって駆け、
不満をのみ込み、疲れ、

すり減らしながら
現代の都市を生きているのだ。

描くとき、

私は常にひとつのイメージを持っている。
そこら中にある不満や閉塞感を

切り裂くようなイメージだ。
 

それは色の面となり、層となり、

キャンバスを覆い、
絵というものができあがる。
絵と呼べなければ、

名前は何だって構わない。
 

ただ願わくば、

夜を流れる音楽のように、
誰かの心を癒し、

鼓舞するような表現でありたい。