第1回個展に寄せて

2017年3月26日-4月16日

Café et Galerie Moineau

 

 

2016年冬、制作は始まった
 

美術教育を受けていない彼は

自由奔放に描く


できあがる作品は独創的にして新鮮

時に鮮烈な書のようであり

時に重厚な鉄のようであり

時に古い地層に眠る鉱物のようである

作品はすべて

長辺30㎝以下の小さいものだ
都内の狭いマンションでの制作という

物理的な問題を別にしても

彼が言うには


「人にはそれぞれ

しっくりくるサイズがあって

途方もなく巨大な作品を作る

アーティストもいらっしゃるけれど

僕には小さなキャンバスの中に

想いや詩や魂のようなものを

表現するのが向いているのだ」

平日は時間のないビジネスマン
制作は休日に限られる

(休日だって何かと忙しい)


それでもこの1年間に

100点ほどの作品が仕上がった

「画家やアーティストというと

ちょっと雲の上の人という感じがするけれど

僕はあくまでもサラリーマン
僕の作品が、日々戦う同志達

―ビジネスパーソンかもしれないし

学生や主婦かもしれない―

へのエールになれば幸いです」